乾燥した唇をぷるぷるしっとりリップに乾燥した唇をぷるぷるしっとりリップにするには

唇が乾燥する原因とその対策

冬になると、一気に湿度がなくなって乾燥しますよね。

お肌もつっぱったりしてきます。

そんなとき、とくに乾燥が気になる場所がありませんか?

私は、唇が乾燥によって荒れてしまいます。

薬用リップが欠かせないんですよ。

女性の皆さんは、特に気を付けていると思います。

さて、なぜ唇は乾燥するのでしょうか?

その原因の一つは皮脂の線がないからなのです。

皮膚は、皮脂線から出る皮脂によって、水分が蒸発しないように作られています。

唇にはその皮脂線がないので、当然皮脂は出ません。

なので、乾きやすい環境になっているのです。

また、私たちは飲み物や食べ物を口から体内へとりいれます。

その飲食の動作によって、摩擦され、さまざまな刺激をうけるので、荒れやすい場所になっているのです。

唇が乾き、荒れるなどの症状が続くと、ピキッと割れて血が出てきます。

口を大きく開けて笑った瞬間に割れたり、あくびをしたりしたときなど…そういった経験がある人も多いのではないでしょうか?

荒れないようにケアをしてあげる必要がありますね。

もともと、皮脂線がなく乾燥しやすい場所である唇にはやはりきちんとしたケアをしてあげることが必要になってきます。

まず、潤いを与えてあげることが大切です。

少しでも乾いたなと感じるときには、すぐにリッピクリームを塗ってあげましょう。

リップクリームで唇を覆ってあげることで、保護され乾燥しにくくなります。

これを癖にするといいですね。

実は、リップクリームは荒れてから使っても効果が薄い物もあるようです。

リップクリームは、潤いを与えて荒れるのを防ぐことが目的なので荒れる前に使うように心がけると良いですね。

特にお風呂上がりには必ず塗るようにしましょう。

スキンケアもお風呂上がりにかならずしますよね?

それと同じように唇もぜひケアをしてあげてください。

お風呂あがりはかなり乾燥していますよ。

また、リップクリームは、シワに沿って縦に塗るのが良いでしょう。

横に塗ることでシワが増えたり、逆に荒れがひどくなったという人もいます。

気をつけるとプルプルな唇を保つことができますよ。

お勧めのリップクリームはこれです。

乾燥した唇のレスキューケアに。